2016年11月12日

機能不全家族〜感謝できない許せない時の乗り越え方

感謝や許しは、自己救済の根源であり、
他者を救っているのではなく、自分の魂を救っています。


潜在意識の中に責めたり、憎んだり、さげすんだり、
という思考があると、それが誰に向けられたものでも、
結局は自己破壊作用として、マイナスの引き寄せをします。


こうしたことがわかっても、
なお、許せない、なお、感謝できない、
というケースは世の中に存在します。


たとえば、親が、「毒親」であるケースもそのひとつです。
母親が娘を支配し、束縛し、数々の禁止命令で
その潜在意識をボロボロにするようなケースです。


その母親を娘は、許せるか、その母親に感謝できるか、
これはなかなか難しいことでしょう。


たとえば、いじめの場合、いじめてくる攻撃者は、
同級生や職場の同僚や上司だったり、他人なので、
こうした攻撃者と悪縁を切り、距離を置き、


この世でのかかわりをなくしてしまう形で
問題を解決することができます。


しかし身内なら、血縁関係はこのように簡単に
切ることはできません。


親が改心するように祈ることはできるわけですが、
その祈りが実を結ぶまで、どうやって忍耐するかです。


また、あまりにも病的な親なら
今生では治らないかもしれません。


攻撃者、天敵が身内にいる場合も、
他人である場合も、基本的な考え方は同じです。


それは、「その人への憎悪、責める気持ち、怒りを
まずは手放すこと」です。


理不尽な仕打ちへの怒りは
なかなか手放せませんが、
それでも「手放せるように祈る」ことから
始めることをお勧めします。


手放すに際しては、「因果応報の法則を理解すること」が
それを促進してくれます。


すなわち、自分が受けた苦難の
ほんとうの原因は、自分が前世で出した想念(および行動)が
自分に戻ってきたものであるという理解です。


これを悟れば、より早く手放せるようになります。
「手放すこと」は、必ずしも「許し」ではありませんが、


手放すことができれば、
少なくとも、あなたの意識の中で、
怒りや憎悪などに焦点があわない状態にはなります。


逆に言えば、もっと「今と未来の幸せ」に
意識をフォーカスして、過去のことを思い返したり、
あげつらい、批判することをやめるということです。


こうなれば、「負の引き寄せ」がとまります。
そして、この状態で時間が経過するうちに、
ほんとうに、許せる時がきます。


許すためには、あなたの愛がもっと大きくなる必要があります。
邪悪とさえ言える相手をも包み込む大きな愛が必要です。
それには時間がかかります。すぐにはできないことです。


「罪を憎んで人を憎まず」という悟りが鍵です。
悪を嫌い、憎むのは人間の自然の情です。
しかし、それは罪を憎むのであって人ではないのです。


これがわかってくれば、ほんとうの許しは近づきます。
また、感謝にしても、その毒親に感謝できる部分を
見つけられるようにもなるかもしれません。


それもない場合でも、試練により魂を磨く意味を
悟ると神仏に感謝できるようになるでしょう。
親に感謝できずとも神様には感謝できるようになるでしょう。


なかなか自分を変革できないと悩んでいる人や
どうしても叶えたい願望を持っている人は、
ぜひ、SNSでしっかりと学んで自分を変えてください。
詳細はこちら⇒ 「治そうメンタルSNS」

posted by インナーチャイルド at 08:32| 機能不全家族

2016年02月20日

前世のインナーチャイルドを癒す

メンタルブロックをはずせば心理療法は成功するから、
前世療法は必要ないと言うセラピストの意見を
耳にすることがあります。


しかし、前世療法こそメンタルブロックを本質的に解除しうる
根源的なアプローチであることを彼らは知りません。


というのは、幼児期のトラウマや人生脚本だけですべてを
説明できることはありえないからです。


前世療法の詳細な分析をすれば、
前世の幼児期でのトラウマ、前世での人生脚本も、
今生に大きな影響を与えています。


それを明らかにすることで、
解除困難であったメンタルブロック、
心のブレーキも解除できるのです。


そもそも前世や転生を否定したい人達は、
過去世からの影響と同時に、来世への影響も考えたくないようです。


死んで無になって終りとすれば、
生きているうちに、どんな倫理に反することも不道徳も可能
ということになりかねないのです。


例えば、不倫や浮気、異性関係での不義理な行動は、
前世療法の症例を検討する限り、確実に来世へ影響します。


これは過去世でそういう行動をしたために、
生まれ変わってそのあがないの人生を
送っている症例が少なからずあることから明らかです。


来世での幸せが今生の生き方で決まる。
このことを踏まえた上でのアドバイスでないと不完全です。


前世療法では、そのことを自分自身が催眠状態の中で体験します。
その答えを自分で悟ってくるのです。
それが大きな意識のブレイクスルーをもたらすのです。


インナーチャイルドセラピーにおいても、
前世のインナーチャイルドも癒していかないと、
完全な治癒は達成されません。


機能不全家族に生まれるということは、
それだけの前世の因があっての今生の果であり、
因果応報の法則を悟って、これを未来の創造に善用してこそ、
ほんとうの幸せも成就するのです。


下記の無料メールセミナーで
潜在意識の働きから活用方法まで解説しています。

mailseminer1.JPG


潜在意識完全活用マニュアル

posted by インナーチャイルド at 01:30| インナーチャイルドセラピー
■京都府八幡市で医師による安心の催眠療法を受けることができます!
医師のヒプノセラピー・前世療法